人は誰でも死ぬ。だからこそ、死と向き合わなくてはならないことを教えてくれたアニメ。

ぼくが影響を受け、そしてここで紹介するコミックは、鬼頭莫宏医師作品、「私場合の」だ。こういう作品は、通称ロボット戯画であり、高さ500メートルの巨大ロボット「ジアース」が仇敵のロボットをやっつけ、地球を続けるお話だ。パイロットは複数ニックネームの少年お嬢さんで、ここまではロボット戯画としては物珍しい予約ではありません。機体の容積がものすごく刑事いと言うくらいでしょうか。ガンダムやマジンガ―Zは18メートル度合いだ。

こういう作品の予約で衝撃的なのは、パイロットは、戦闘先々、必ず死ぬ、ということです。主人間公たちが跨るロボット「ジアース」のパイロットとして選ばれた少年お嬢さんは15人間。ゼロ回の戦闘でゼロ人間、操縦者として選ばれ、闘い、勝ち、そして死にます。ロボットのリアクションに、人間ゼロ人間の命を扱うのです。ゼロ人間目線は戦闘先々、ロボットから転落して死んだと思われていましたが、二人間目線はまるで心臓発作でも起こしたかのようにその場で死んだことから、少年お嬢さんはこういうロボットのプレイの基準を分かることになります。その後、奴らは、自分たちが必ず死ぬ、という実態と向き合わなくてはならなくなりました。

死と取り扱う。これがこういう作品の狙いだ。基準を知らされて以降のパイロット陣ゼロ人間ゼロ人間は、各々の心情で死と向き合っていきます。死ぬ前に恨みのいる相手にリベンジ講じる者、死んだのち、自分の内臓を疾患に耐える友人間に提供する者、愛する家庭を続けるために命を扱う者、様々です。そして、少年お嬢さん陣が死と扱うように、読者です私も一緒に死と取り扱うのです。

人間は死にます。不規則などありません。話の奴らは、ロボットの基準によって死なねばなりませんが、私達のいる現実の世界も、大勢は理不尽に死に直面します。だからこそ、生きている間に、しっかりと自分自身で考えなくてはならないのです。ぼくは、こういうコミックを通してそれを知りました。ケショーメッツをお得に買う方法とは?

こういうボスはいったい何を考えてこうゆう行動したのか?

過日、働き手トラベルに行ってきたのですが、デジカメ持参してきたのは、私だけだったので、ありとあらゆる名勝のフォトを含め、気を利かして飯景色や新幹線のの間など、思い出になるようにとフォトを撮りました。
しかしながら、フォトをまとめてきちんと整理するには時間がかかるし、どこで誰が写っているのかも再確認するのは、結構時間がかかります。
近頃1箇月の下旬には社のセレモニーで調整にと大忙しなので、リーダーにデジカメで撮ったフォトはセレモニーが終わってからゆっくり整理して、皆さんに配るようにしますのでと報じ、
取りあえずフィルムだけ読み込んです後にこうゆうフォトがありますよという意味でA4ひな型にエクセルを利用したフィルムをプリント圏外しておきました。
とりあえず、履歴だけでも皆にわかるようにと思ったので、それをリーダーの席の上に置いておいたのですが、2~3日たっても席の上に置きっぱなしだったので、ちょっと心配していたのですが、ある日ふと気づいたらなくなっていたので、やっと皆に見せるように配ってくれたのかなと思っていたのですが、
ある日、他の方が「トラベルのフォトはどうなった?」と聞かれ、「え、皆に一応履歴だけはA4印章のの間に4枚位読み込んで、7~8枚位のフォトがわかるようにしてある筈ですが」と答えた後に、リーダーが「○○君そのフォトならここにいらっしゃるよ」と言うので、よく見ると自分の席の脇のバリアに自分の写ったフォトだけを切り貼りしていたのです。
誰が、あなたのフォトだけ切り取ってくださいといった!とモチベーションあきれてイラッときました。闇金の相談を無料でしてくれるところは?